最強のデスク環境と43インチディスプレイの良さ

この記事はarasan01 Advent Calendar 2022の3日目です。

こんにちは、あらさん(@arasan01_me)です。ポケモンSVのシナリオがとにかく良すぎてTwitterで二次創作を見ることが加速している毎日です。

大画面をディスプレイに使う良さ

最近のディスプレイは大画面かつ4K、しかも高機能なモデルが安く販売されており良い環境になっています。そのためディスプレイとして求めるDPIがいい感じのものが増えてきました。つまり大画面の4Kを使うことによって拡大設定を使わず4Kのメリットを最大限に享受できます!!

自分は現在、LGの43UN700というディスプレイを使っています。これはMacBook系やType-C搭載のノートパソコンを備えている場合には非常に相性が良いディスプレイで43インチという画面の大きさに4K、USB-Cで接続することによりPower Deliveryにより60Wの充電供給、USBハブ機能によりキーボードなどを接続できる、HDMIなどの入力も豊富、リモコンが付いているのでモニターを触らなくてよい、とUSB-Cケーブル1本を接続するだけで環境が整ってしまうという素晴らしいものです。

画面が大きくなればなるほどモニター全体が視界に収まることはなくなります。感覚的には見ている世界すべてがディスプレイの中になるため酔うような感覚になる場合もありますが、これに馴染むとディスプレイ領域が欲しいときに欲しいだけのサイズを持てる感覚になるためオンデマンドなディスプレイ体験ができます、これがめちゃめちゃ良い。ある意味でVRで仕事をする場合に、ディスプレイのサイズが小さい問題を解決する、という部分を実際のディスプレイでも解決するという力技ができます。

M1 Macを使っている場合には接続できるディスプレイの数が制限されています。標準では一つのディスプレイのみ接続できるはずです。なんとか2枚以上のディスプレイを接続するために色々な工夫もできますが、FHDのディスプレイを2枚接続するような場合であれば大画面のディスプレイを1枚導入すると実質FHDが4枚、43インチであれば20インチ程度が4枚という拡張ができます。

昇降デスクと天板自作のススメ

机に昇降機能があると大変良いです。例えば椅子の高さと机の高さが微妙に合わない、などの不満点は一切なくなります。スタンディングデスクという機能に目を惹かれがちですが自分の体格にあった机の高さを柔軟に合わせられることは大きなメリットですよ。

スタンディング機能はなにか時間を決めて作業したいときや、会議などに利用すると良い感じがしています。立つことにより思考がより高速に回転をする感覚があるため使い分けすることが良いと思います。リモートワークがメインの場合は立つこともほとんど無くなってしまうため足腰が弱る前に対策したいモチベーションもありますよね。

天板を自作するとかなり愛着が湧きます。自分は横幅、縦幅がそこそこ広いもの(1800x800)を用意したかったので天板を木材屋さんで注文しました。天板が家に届いたあとは着色やコーティングします。このDIY工程を挟むことで机に対する気持ちを高められます。また自分が本当に欲しい机の形やサイズが実現できます。

ディスプレイアームのススメ

大画面のディスプレイは設置してみると分かるのですが割と台座が重くスペースを取ります。そこでディスプレイアームに設置すると机が広く使えるようになります。大画面となると選択肢もあまりなかったりするのですがエルゴトロンのHXデスクモニターアームはその中でも一番信頼ができるのではないかなと思います。

またディスプレイアームを設置するメリットとして地震に強くなる点もあります。モニターアームの設置自体が机に強いチカラを掛けて実現するものなので簡単に外れることはありません。机から落下するという心配もないため安心感があります。

分割キーボードのススメ

分割キーボードは馴染みがない人も多いかもしれません。右手と左手で基盤ごと分離しているキーボードがあります。最近であればKinesis Advantage 360が注目されています。分割キーボードのいいところはキーボードを使うために肩を丸めなくて良い点、それに尽きます。すごい肩が楽です、一日中タイピングしていても肩が軽い素晴らしさは一度体験してみてほしいです。

最終的に分割キーボードで理想的な分割感を求めると自作キーボードに手を伸ばすことになります。遊舎工房にて様々な基盤が入手できるので一度見に行ってみると良いです。

Popular posts from this blog

I am preparing to become more active in personal activities.

How to start developing Flutter for windows plug-ins using the Win32 API

EnergyWatch App Privacy Policy